陶器とは、とても奥が深い。 Part1

陶器とはとても奥が深い、それは意外と誰でも「そうなのでは」と思うであろう分野で、そうあるべきものなのだろうと漠然と思う、一種の芸術分野の一つとして数えられる。 国や民族は問わず、それが非常に古く、価値あるものなのであれば、必然とそれは価値があがり、それを買う事などを趣向とする畑の人などからすれば、喉から手が出る程欲しいと思えるものならば、多額の金銭と引き換えに購入を申しである事だってある。 それは鑑定や識別に判別が難しい事柄で、目利きの良い鑑定士でも、時には贋作を本物と間違えて判断してしまう事だってある。 だがその点は致し方ない点もある。 何故ならば、もしそれが贋作であっても、贋作であると証明する手段が無いのであれば、本物と摩り替わってしまうからだ。 仮に、一人の贋作製作者が居る。この人物が本物を既に壊してしまっており、贋作を作って偽者を本物と口にした。

映像制作

除霊

羽村市 不動産

妊娠には保険

診察券